追いかけたのはウサギじゃなくて~飛び込んだ先は不思議の国ならぬ黄昏時でした~ (旧題:十三夜月)

夏休みを利用した帰省中、臥月 聡椛は祖母の家を訪れていた。家中が寝静まった真夜中、小さな物音に目が覚めた聡椛は、ソッと襖を開けた。誰かが走る足音に、恐怖よりも好奇心が勝った彼女は、その足音を追いかけた。廊下の角を曲がると見えたのは小さな子供の姿。不思議に思い静かに後をついていくと、庭の添水(そうず)の前に来た。「急がないと…」子供が呟くとその場から消えた。聡椛は慌ててその場に駆け寄ったが、そこはいつもと変わらない庭だった。ふと、溢れた水が溜まった所を覗きこんでみた。水面には綺麗な満月が映っており、もっとよく見ようと顔をよせたとき、視界が反転した──
目覚めた世界は《黄昏時》だった。


第一章 完結しました
24hポイント 0pt
小説 77,270 位 / 77,270件 ファンタジー 22,290 位 / 22,290件