ガンマポリス殺人事件 番外編

ガンマポリス社で発生した殺人事件は、日本国警察の精緻、かつ精力的な捜査で無事解決した。
これにより解雇されて然るべき姜明であっが、社長陳北斎に取り入り何とか首の皮一枚ガンマポリス社に残る事に成功。
陳から社内反体制派殲滅の密命を帯びた姜明は溝鼠のように社内を嗅ぎ回る。
しかしそれは新たな派閥抗争の火種を撒き、憎しみが憎しみを、怨みが怨みを呼ぶ結果となった。
そして遂に惨劇は起きた…。

本格企業ミステリー小説として企業の論理と組織の非情さを余すことなく描ききった問題作が遂に登場。
インターンシップ中の学生から退職間近の会社員まで、今こそ読むべき異色作品。

24hポイント 0pt
小説 60,374 位 / 60,374件 ミステリー 1,536 位 / 1,536件