「あなたが運命の人を見つける前に、思い出をください」と一夜を共にした翌朝、私が彼の番なことが判明しました ~白銀の狼公爵の、一途すぎる溺愛~

完結済み。たまに番外編が投稿されたりされなかったり。

ずっと片思いしていた獣人族の彼の番は、私――!?

ルイス・エアハート子爵令嬢は、公爵家の嫡男で幼馴染のグレン・アルバーンに長年の片思いをしていた。
しかし、ルイスが彼に想いを伝えることはない。
何故なら、グレンは獣人だからだ。
獣人族には、運命の番(つがい)、という難儀なシステムがある。
番を見つけてしまったら、既に結婚していようと子供がいようとも、恋や愛といった感情全てが上書きされ、番一直線になる。
それを知っていたから、ルイスはいつか番を見つけるであろうグレンを諦めていた。
しかし、グレンが18歳を超えたころ、ルイスはついに自分の気持ちを抑えきれなくなり、一夜の思い出をください、と彼に懇願し、情熱的な夜をともにする。
これが、最初で最後。この思い出を胸に抱いて生きていこう。
そう思っていたのに、翌朝、グレンが口にした言葉は――。
「ルイス。きみこそが、俺の番だ」
「……へ?」

諦めていた、はずなのに。ずっと片思いしていた彼の番は、まさかの自分!? 白いふわふわ狼耳系獣人の彼に溺愛される、恋愛ファンタジー!
このお話は、小説家になろう、アルファポリス、ツギクル、エブリスタ、ベリーズカフェ、カクヨムに掲載されています。
R15に収まる程度の性描写や匂わせ表現あり。
24h.ポイント 120pt
421
小説 8,610 位 / 185,829件 恋愛 4,164 位 / 56,372件