超能力者一家の日常

『暗闇の何でも屋』
それはとあるサイトの名前
そこには「対価を払えばどんな依頼も引き受ける」と書かれていた。
だがそのサイトの知名度は無いに等しいほどだった。

それもそのはず、何故なら従業員は皆本来あるはずの無い能力者の一家なのだから。

これはそんな能力者一家のお話である。
24hポイント 0pt
小説 63,915 位 / 63,915件 キャラ文芸 1,897 位 / 1,897件