ゴースト・プロトコル【1巻】



『アノマリー』と呼ばれる神々に統制された世界、ドミニオン。

ここでは、“魂の器”と呼ばれるコモンが製造され、かつて世界を支配していた「人間」という種族を復活させるためのプロジェクトが、着々と進行していた。

ドミニオンは西暦2099年に起きた機械戦争、通称「中央大陸戦争」によって荒廃した世界から発展した架空都市であり、当時の社会の環境保全を担っていた通信ネットワーク「STREAM(ストリーム)」により生まれた、“仮想空間”だった。

この仮想空間は【スコール(電子雲)】と呼ばれ、非物質と物質の境界線上にある“ホログラフィック・ルーム(存在と非存在の断層)“とも揶揄された。

アノマリーは現実世界に於いて、暗闇に飲み込まれた人間の魂を呼び戻すため、魂を入れることができる人形をつくり続けていた。

しかし人々の魂を呼び戻すには、中央大陸戦争を引き起こした7体の悪魔、『七つの大罪』を抹消し、彼らを闇へと葬り去る必要があった。

アノマリーは彼らが鎮座する7つの大陸にそれぞれ兵士養成学校を創設し、悪魔を討伐できる「ゴースト・プロトコル(傭兵部隊)」の育成を試みる。

戦いは長きに渡って繰り広げられていた。

人と魔物と、——滅びし世界と。

かつての地上と空を取り戻すべく、ゴースト・プロトコルたちは立ち上がる。


爽快バトルファンタジー、ここに開幕!
24h.ポイント 0pt
0
小説 183,615 位 / 183,615件 ファンタジー 42,140 位 / 42,140件