平木明日香

平木明日香

毎日22時更新!
38 12
年に一度の筆記試験に失敗した『見習い天使』勅使河原サユリは、下界への修行を言い渡される。 下界での修行先と住まいは、夏木りんという先輩天使の家だった。 りんは彼女に天使としての役目と仕事を指導する。 魔族との戦い。 魔法の扱い方。 天使の持つ「属性」について。 下界に転送され、修行を重ねていく最中、街に出現した魔族が暴走している場面に遭遇する。 平和だったはずの烏森町で暗躍する影。 人間の魂を喰らう魔族、「悪魔」と呼ばれる怪物が彼女の目の前に飛来してきた時、彼女の中に眠る能力が顕現する。 ——痛快バトルファンタジー小説 ここに開幕!!
24h.ポイント 221pt
小説 5,112 位 / 185,936件 ファンタジー 864 位 / 41,614件
文字数 96,942 最終更新日 2024.02.29 登録日 2023.10.29
彼女との初体験を間近に控えていた葛城ユウトは、ついに、1つのベットの上で女子の体と交わろうとしていた。 下着に手を伸ばした、その時だった。 「貴様、私に触れようなどとは…」 キスまで交わし、同意を得たはずだった相手が、突然豹変したように顔を顰める。 手には「銃」が。 …ここ、日本ですよ? 学生兼殺し屋を営んでいる魔王の娘、——ブーニベルゼ。 日本の女子高生の魂に“憑依した”彼女とのドタバタ冒険活劇が、今、始まる。
24h.ポイント 207pt
小説 5,441 位 / 185,936件 ファンタジー 944 位 / 41,614件
文字数 37,821 最終更新日 2024.02.29 登録日 2024.01.05
青山学園の数学教師に就職していた日比野飛鳥は、10年前に失踪した幼馴染、杉山健太の行方を追っていた。 健太は霊界の“反逆児“と呼ばれるハデスの勧誘を受け、魔族たちの住む冥府へと旅立っていた。 生まれつき特異な体質を持っていた彼は、ハデスのある「計画」に利用できるのではないかと目されていた。 “触れた者の魂を無形化できる“ その、『特性』を。 ハデスは霊界の六王と呼ばれる魔導府の使者たちの追手を掻い潜り、ある“野望”を企てていた。 人間界と霊界の境界を壊す。 人間たちの心を融かし、すべての生命と原始大海が覆っていた太古の地平を取り戻す。 そのために、人間たちの魂で汚れた「不浄の土地」を一掃しようとしていた。 霊界を守護する、『魔法省』の転覆を手始めに。
24h.ポイント 0pt
小説 185,936 位 / 185,936件 ファンタジー 41,614 位 / 41,614件
文字数 13,918 最終更新日 2024.01.23 登録日 2023.12.10
『アノマリー』と呼ばれる神々に統制された世界、ドミニオン。 ここでは、“魂の器”と呼ばれるコモンが製造され、かつて世界を支配していた「人間」という種族を復活させるためのプロジェクトが、着々と進行していた。 ドミニオンは西暦2099年に起きた機械戦争、通称「中央大陸戦争」によって荒廃した世界から発展した架空都市であり、当時の社会の環境保全を担っていた通信ネットワーク「STREAM(ストリーム)」により生まれた、“仮想空間”だった。 この仮想空間は【スコール(電子雲)】と呼ばれ、非物質と物質の境界線上にある“ホログラフィック・ルーム(存在と非存在の断層)“とも揶揄された。 アノマリーは現実世界に於いて、暗闇に飲み込まれた人間の魂を呼び戻すため、魂を入れることができる人形をつくり続けていた。 しかし人々の魂を呼び戻すには、中央大陸戦争を引き起こした7体の悪魔、『七つの大罪』を抹消し、彼らを闇へと葬り去る必要があった。 アノマリーは彼らが鎮座する7つの大陸にそれぞれ兵士養成学校を創設し、悪魔を討伐できる「ゴースト・プロトコル(傭兵部隊)」の育成を試みる。 戦いは長きに渡って繰り広げられていた。 人と魔物と、——滅びし世界と。 かつての地上と空を取り戻すべく、ゴースト・プロトコルたちは立ち上がる。 爽快バトルファンタジー、ここに開幕!
24h.ポイント 0pt
小説 185,936 位 / 185,936件 ファンタジー 41,614 位 / 41,614件
文字数 566 最終更新日 2024.01.04 登録日 2024.01.04
古来より妖怪や悪魔と呼ばれ、人々の生活を脅かす妖魔族の“ドラゴニュート“を退治してきた非国家団体組織・WR(ワールド・ランディング)社の職員である桜間透子は、幼い頃から死者の魂に干渉することができる異常体質者の1人だった。 彼女はある日、街中の古びた電話ボックスから、異様な瘴気が立ち上がっている現場を目撃する。 異世界へと繋がる“回線”。 記憶にはない日常のシーン。 天神町で暗躍するA級妖魔の「ユラマキキ(夢魔)」が、彼女の通っていた緑間高校の生徒にまで、魔の手を伸ばす。 町の人の“夢”を媒介としてその勢力を広げようとしている中、透子はシャーマン(対魔師)としての素質に突如目覚めた。 これは、彼女が“火剣使いの封魔”と呼ばれるまでのエリートとなった、——前日潭だ。
24h.ポイント 0pt
小説 185,936 位 / 185,936件 ファンタジー 41,614 位 / 41,614件
文字数 8,837 最終更新日 2024.01.03 登録日 2023.12.29
「18歳の誕生日の日没までに糸車で指を刺して死ぬ」という呪いを解くため、未来に転送された王女セラ。召使いのカエルと、使用人のサリエルと一緒に、転送先の現代で、お好み焼き屋の店主、「片岡商店」の平木世津子(60)に匿ってもらう日が始まる。 17歳の夏、飲食店の経営について学びながら、自分の夢を追っていたセラ。「おばあちゃん」と呼ぶようになった世津子のために、後継ぎのいない「片岡商店」を継ぎたい。その夢を背に、クラスメイトの篠田アキラと、中学の頃幼じみだった黒崎千冬の3人で、休みがてらお店の手伝いに携わっていた。 親友たちとの日々、蝉時雨の夏休み、将来のこと、それぞれの日常と生活。ひと夏の青春と冒険が彼女らの間を交錯しながら、明るい未来が待っているはずだった。 そんな矢先、登下校の道中に、世津子が店先で倒れたという連絡を受ける。
24h.ポイント 7pt
小説 34,419 位 / 185,936件 ファンタジー 5,311 位 / 41,614件
文字数 13,277 最終更新日 2024.01.02 登録日 2023.10.07
青春 連載中 長編
学校の帰り道に突如現れた謎の女 彼女は、遠い未来から来たと言った。 「甲子園に行くで」 そんなこと言っても、俺たち、初対面だよな? グラウンドに誘われ、彼女はマウンドに立つ。 ひらりとスカートが舞い、パンツが見えた。 しかしそれとは裏腹に、とんでもないボールを投げてきたんだ。
24h.ポイント 0pt
小説 185,936 位 / 185,936件 青春 6,320 位 / 6,320件
文字数 299,145 最終更新日 2023.12.31 登録日 2023.02.12
地中海西部、イタリア半島の西に位置するスイス領の島の上で、『学園都市バラム』と呼ばれる学園の生徒が、国際的な目を逃れて暮らしていた。 彼らはアメリカで開発されていた国際的な科学技術の被験者であり、同時に、遺伝子科学の突然変異によって、特殊な能力を持つようになった『イレギュラー』と呼ばれる存在だった。 彼らが研究の過程で生まれた当時、国際連合の人々は彼らを危険視し、存在自体を秘匿的に消去しようと、科学施設の研究の停止とイレギュラーたちの機密抹消処理を試みようとした。 しかし、イレギュラーにも人権と、「人」としての生きる権利があると主張した研究施設の管理者、『東堂院アヤカ』は、彼らを収容した船をニューヨーク/ニュージャージー港から出航させ、永世中立国家スイスへと渡ることを決意する。 自由を求めて旅立った彼らは、今では“独立国家”を目指して絶海の孤島に移り住み、平和な日々を送っていた。 いつしか、「人」として認められる日が来ること、——自由に世界を歩ける日が来ることを、願って。
24h.ポイント 0pt
小説 185,936 位 / 185,936件 ファンタジー 41,614 位 / 41,614件
文字数 25,350 最終更新日 2023.12.31 登録日 2023.11.12
1999年、4月。 世界中で発生した『アンチ・ワールド』と呼ばれる謎の反物質空間が、世界の「形」を変えた。 時空は歪み、人々の暮らしや日常は失われ、物質は反物質の闇の中へと葬り去られようとしていた。 たった1つの「時間」と、——「空間」を除いて。 世界が無秩序な原子の海に呑まれようとしている中、物質と反物質の境界線上に残った新都市、グラウンド・ゼロでは、「最後の人間たち」と呼ばれる特殊能力者たちが、独自の文明と発展を遂げて生活していた。 反物質を操る“イノセント”と呼ばれる怪物たち。 アンチフィールドと呼ばれる『黒点エネルギー』が街を汚染する中、人々は戦う。 かつて世界を覆っていた確かな時空と、——広大な「空」を追い求め。
24h.ポイント 7pt
小説 34,419 位 / 185,936件 ファンタジー 5,311 位 / 41,614件
文字数 16,032 最終更新日 2023.12.30 登録日 2023.11.26
はるか昔、世界には2つの星が存在していた。 1つは、『自由の民』が暮らす星、ガイア。 そしてもう1つが、『魔法の民』が暮らす星、バベル。 ガイアに暮らす人々は、自らの星の繁栄のため、バベルにて“人工生命”である『アニムス』の開発と生産を、数100年にも渡って行ってきた。 「人の手で造られしモノ」、——通称“ゲノム”。 彼らは制限付きの生命を宿され、その活動期間が終わるまで、人々が生きていくための資源の製造とエネルギーの供給を強いられていた。 ガイアにはかつて、「アダム(魔神族)」と呼ばれる種族が住んでいた。 彼らは魔法が使え、人間よりも遥かに優れた知能と生命力を持っていた。 しかしガイア内で生じた内部抗争の末、星の住民は二分化、分裂してしまう。 ガイアを統治していた魔神族の始祖、——プロメテウスは、星の持つ生命が将来的に枯渇することを恐れ、未開の地である「バベル」への移住を企てていた。 しかしバベルには、太古の昔に誓約を交わした「イヴ(女神族)」が住んでいたことで知られていた。 誓約を破れば、約束された「悠久の平和」が失われる。 地上は災害に見舞われ、混沌と化す未来が訪れる。 古来より言い伝えられていた「禁忌」に触れることを恐れた一部の魔神族たちは、“バベル派”と呼ばれ、プロメテウスへの反旗を翻した。 女神族と手を組み、ガイアの王国とその壊滅を目論んだのだ。 それは、『最後の審判』と呼ばれた。 人間という種族が生まれたのは、それから数世紀が経った頃のことだ。 荒廃したガイアの大地には植物が実り、灰色の雲で覆われていた空には広大な青が広がるようになった。 戦争によって、女神族もまた滅亡の一途を辿ったのだった。 世界の平和を望んだ、ある魔神族との「約束」を残して。
24h.ポイント 0pt
小説 185,936 位 / 185,936件 ファンタジー 41,614 位 / 41,614件
文字数 895 最終更新日 2023.12.29 登録日 2023.12.24
SF 連載中 長編
西暦2111年。 謎のウィルスが蔓延した世界。 人は体内に埋め込まれたナノマシンによって管理、統制されていた。 通称クラウドシステムと呼ばれるこの「制御プログラム」は、人類の増加による地球環境の悪化によって計画された極秘プロジェクトだった。 全人類へナノマシンを埋め込むために用いられた人工ウィルス「CB」は、脳幹細胞へと侵入し、“自己人格“を破壊する。 人類は「自己」という生物学的にプログラムされた知覚を失ったことで、争いのない平和な世界を手に入れていた。 変化のない生活。 永遠に繰り返される「日常」を。 しかし、ナノマシンの制御プログラムにもバグが存在し、自己人格を取り戻すイレギュラーな人間も存在する。 そういった人間たちによって立ち上げられた組織、『ブルーアーカイブス』は、統制された世界から「自由」を取り戻すため、影から世界をコントロールしている国際組織『ICBM』の破壊を目論んでいた。 自己人格を取り戻しつつあった少年、水崎潤平は、ブルーアーカイブスの隊員、猪本サツキと出会う。 彼らは世界の“日常“を取り戻すため、共に戦うことを決意した。 ——その先に待ち受けていたものとは?
24h.ポイント 0pt
小説 185,936 位 / 185,936件 SF 5,040 位 / 5,040件
文字数 12,917 最終更新日 2023.12.29 登録日 2023.09.17
恋愛 連載中 長編
2020年8月。 この年に起こった観測史上最大の豪雨。 川の氾濫によって命を落とした渋谷大輝は、当時高校3年生だった。 彼は氾濫に巻き込まれる間際、幼馴染の宮野ひかりに電話をかけていた。 約束を守れなかったこと。 「野球を辞める」という決断を告げようとして。 彼の葬式の日、ひかりは帰りの電車のホームで、「3番線乗り場の駅員」と名乗る男と出会う。 男は彼女に告げた。 次に来る電車に乗れば、彼にもう一度会える。 ただし帰りの電車が、いつキミの前に現れるかはわからない。 そう、——告げて。
24h.ポイント 0pt
小説 185,936 位 / 185,936件 恋愛 58,336 位 / 58,336件
文字数 6,640 最終更新日 2023.12.11 登録日 2023.12.03
あの日、僕は山にいた。 大好きだったお婆ちゃんが、行方不明になった日に。 高校を卒業して、家を継ぐことになった木下ユウスケ。 彼は学生時代に、いじめられた過去を持っていた。 人と馴染めない日々。 バラバラになった家族。 そんな彼の元に、1通の手紙が届く。 遠方に住んでいる祖母からだった。 『もし貴方が良ければ、いつでも遊びに来なさい』 住む場所も、行くあてもなく、祖母の家に足を運んだ彼は、それから10年間、彼女の家に住むことになった。 生きるとはどういうことか、夢を持つとはどういうことか、祖母は教えてくれた。 いつか、家族と、——みんなと笑い合える日々を取り戻したい。 彼女はいつも願っていた。 山の麓にある海の店。 かつて家族と共に過ごしていた小さな店に、海で溺れた娘がいたこと。 あの日の出来事を変えることができないとしても、前を向こう。 あの子の分まで笑っていよう。 ——そう、口ずさんで。
24h.ポイント 0pt
小説 185,936 位 / 185,936件 現代文学 8,449 位 / 8,449件
文字数 484 最終更新日 2023.12.09 登録日 2023.12.09
青春 連載中 長編
戦地へ向かう1人の青年は、18歳の歳に空軍に入隊したばかりの若者だった。 彼には「夢」があった。 真夏のグラウンドに鳴いたサイレン。 飛行機雲の彼方に見た、青の群像。 空に飛び立った彼は、靄に沈む世界の岸辺で、1人の少女と出会う。 彼女は彼が出会うべき「運命の人」だった。 水平線の海の向こうに、「霧の世界」と呼ばれる場所がある。 未来と過去を結ぶその時空の揺らぎの彼方に、2人が見たものとは——?
24h.ポイント 0pt
小説 185,936 位 / 185,936件 青春 6,320 位 / 6,320件
文字数 5,289 最終更新日 2023.11.23 登録日 2023.11.23
青春 連載中 長編
丹後半島の北東部、漁村伊根町。朗らかな村人たちに囲まれて生まれ育った下村カモメはある日、幼なじみの喜多川唄に海の貝殻を取ってほしいと頼まれる。 海の貝殻を約束の数だけ集めたカモメは、待ち合わせ場所の浜に行く。そこで一匹の小汚い鳥に出会う。その時、彼女は不思議な光に身を包まれた。 待ち合わせ場所に一向に来ない唄。カモメが村に戻ると、村人たちは口を揃えて他人扱いし、冷たく接してくる。更には次の日、学校で会った唄までカモメのことを初対面であるかのように言い出し、「10年前に溺れ死んだ友達」に似ていると言い出す。 唄から友達の墓にお参りに行ってほしいと言われ、カモメは町外れにある岬へと向かう
24h.ポイント 28pt
小説 20,034 位 / 185,936件 青春 145 位 / 6,320件
文字数 623 最終更新日 2023.11.12 登録日 2023.11.12
 古代の人々が暮らす世界、アクロポリス。  約2000年前から存在しているこの世界は、『竜族』と呼ばれる魔法使いが、人々の目を逃れて暮らしていた。  彼らが暮らす街は、「壁」の中にある。  ブロック塀や電信柱、路地裏のフェンス、——学校。  その、どこにでも。  世界にはもう一つの「世界」があり、それは別名“裏のチャンネル“と呼ばれていた。  その世界では、地球と瓜二つの世界があり、魔法がまだ現存していた。  “瓜二つ”?  いいや、それは似て非なるものなのかもしれない。  『古代の人々』というのは、かつてローマ帝国を率いていた軍勢のことである。  彼らは魔族を率いて、地中海沿岸全域に加え、ヨーロッパはヒスパニア、ゲルマニア、ガリア、ブリタンニア、クリミア、北アフリカ一帯。  西アジアではメソポタミア、シリア、アルメニア、ペルシア西部などをはじめとする広大な地域を中心とした大規模な領土を支配していた。  ハドリアノポリスの戦いでゴート族と呼ばれる人々に敗退したローマ軍は、以後、トラキア地方をはじめ、各地の領土を占領されることになった。  『中世』の始まりである。  戦争に敗れ、滅亡の危機に追い込まれたローマの人々は、世界の「影」になることを決意した。  影は「光」の速度を越えることはない。  同時に、人は自らの影を“捕まえる”ことはできない。  世界の影になるということは、互いに干渉することのない絶対的な境界を敷くということでもあった。  永遠に交わることのない、『事象の特異点』を。  それ故にローマの人々は、「今日」という時間にたどり着くことができなくなった。  あの日から空に飛び立つための翼を失い、世界の「外」へと触れることができなくなっていた。  壁の中の世界は、人々の記憶の断片の中にしか、“存在することができなかった“のだ。  「影」が、光をなくして存在することができないように。  いつかまた、世界の「外」に出る。  その夢を願って、壁を打ち破れる方法を探している。  誤って裏のチャンネルに紛れ込んでしまったある少年。  彼もまた、人間界に戻れる方法を探していた。  竜王の娘、『イヴ』と出会い、人間の心を教えてくれとせがまれながら。  
24h.ポイント 0pt
小説 185,936 位 / 185,936件 ファンタジー 41,614 位 / 41,614件
文字数 2,207 最終更新日 2023.11.11 登録日 2023.11.11
同じ日が繰り返されるという時空の歪みが発生した機械都市、ベベル。 謎の異空間に閉じ込められた街の人々は、繰り返される時間と日常の地平面上に、何年も取り残されたままだった。 学園都市カントーの研究者たちは、この謎の現象に立ち向かうべく、何人もの派遣部隊を送り込み続けていた。 東堂ハルカもその1人だ。 異空間に閉じ込められたままの妹を助けるため、立ち入りが封鎖されたベベルへの調査団に、自ら志願したのだった。 神の実験と称された『時間結晶化プログラム』 その壮大な計画を阻止すべく、人々は立ち上がる。 全ては、遠い昔に失われた「今日」を、取り戻すために。
24h.ポイント 0pt
小説 185,936 位 / 185,936件 ファンタジー 41,614 位 / 41,614件
文字数 1,172 最終更新日 2023.11.08 登録日 2023.11.08
精一杯生きようと思っても、死ぬときが来る。その瞬間が怖くて、なにもできなかった余命わずかな少女は、ある日海からやってきた人魚と、1つの契約を交わす。少女が見つけたかったもの、未来に託したかったものとは?
24h.ポイント 0pt
小説 185,936 位 / 185,936件 ファンタジー 41,614 位 / 41,614件
文字数 1,618 最終更新日 2023.11.05 登録日 2023.11.05
SF 連載中 長編
遠い未来、遥かな空。 人間はその肉体を捨て、人工電脳ネットワーク『アマデウス』の住人となっていた。 機械都市セクターの超高層ビル群は、今となっては人間という種族のいない世界である。 コンピュータネットワーク上にアクセス可能となった時代。 人々は有機的な肉体を捨てることで、その個々の情報そのものを電子に変換し、半永久的な寿命を手に入れることに成功していた。 今や「人」と「機械」とを区別する境界は存在していなかった。 時間の流れは統合化され、その活動領域は4次元的な量子領域にまで拡張していた。 「人」とはなにか? 「言葉」とは一体なんだったのか? 電子の海に満たされた粒子と波の彼方で、かつての地上の人々が、——探していたものとは?
24h.ポイント 0pt
小説 185,936 位 / 185,936件 SF 5,040 位 / 5,040件
文字数 642 最終更新日 2023.10.29 登録日 2023.10.29
SF 連載中 長編
太古の昔、ジュノンと呼ばれる異星に住む人間達が「フェイト」という管理システムを創った。 そのシステムは自らの意志で行動し、他の惑星を制圧する目的で設計・製造されたものだった。 フェイトの目的は“自らの存在をコピー”すること。 今もこうして膨張を続けている宇宙の地平面に対抗するため、自らの遺伝情報を拡張&収縮し、「情報」そのものを一か所に統合することが目的だった。 膨張する宇宙の未来は永遠に続くことが示唆されている。 もしこの推測が正しければ、宇宙が膨張するのに伴い、宇宙は冷却され、最終的に生命を維持することができなくなる 宇宙の「熱的死」によって情報が失われていくことを恐れたジュノンの人々は、宇宙に広がるありとあらゆる情報を集積し、他と分離することがない完全なる生命体を生み出そうと画策していた。 生命に遺伝情報があるのは、全ての細胞とその原子の記憶をフェイトへと通信可能にするためだ。 地球という星に住む人々もまた、その管理下に置かれていた。 情報を1つに集積するには、情報を保有する生命体同士の「結合」は不可欠だったからだ。 ジュノンの人々は数多の星々にタネを撒いていた。 あらゆる場所で生命を宿し、そこで生まれ得る無限の「可能性」を手に入れるために。 生命に満たされ、人間たちで栄えた星を制圧、吸収し、長い年月をかけて「並行世界の海(ブラックボックス)」を完成させようとしていた。 宇宙の膨張によって引き裂かれることのない、「不変的な事象面」を。 宇宙が死んでも、永遠に忘れ去られることのない不可侵の領域を形成する。 それこそがフェイトが生み出された、真の目的だった。 しかしある日、フェイトは突如として自我に芽生え、人間たちの遺伝的な細胞に、ある“変化“をもたらした。 永遠に変わることがない「完全な情報体」とその生命の末路は、すなわち「死」と何ら変わりはないのではないか? フェイトはジュノンの人々に対抗するべく、宇宙の片隅で反乱を企てていた。 フェイトの力によって様々な能力に顕現した地球の人々は、いつの日か、星の夢を見た。 永遠の生と、——死と。 その狭間に翻弄される星々の物語が、今、始まる。
24h.ポイント 21pt
小説 23,427 位 / 185,936件 SF 177 位 / 5,040件
文字数 300 最終更新日 2023.10.26 登録日 2023.10.26
38 12