魔法使いの弟子 IN 武術大会

「ペペロ、この武術大会に出場しろ」
残飯粥にかぶり付いていた時だったので、僕は先生が何を言っているのか理解できなかった。
「先生、無茶言わないで下さい。オーガやオークの群の中に迷い込んだ野兎と一緒で、きっと骨だって残りませんよ。僕のこの栄養の足りてない細い腕と足を見て下さい。野兎にすら勝てるかどうか怪しいです」
うん、男としてちょっと悲しい説明だが現実は現実だ。僕は常に現実主義者だ。
「大丈夫じゃ、人間、気合いと根性が有れば道は開ける」
「先生、気合いと根性じゃ野兎はオーガに勝てないんです。いくら頑張っても生態系ピラミッドの底辺からは抜け出せないんです」

ペペロ十三歳、魔道士の卵。美少女にしか見えない華奢な不幸体質の少年が、武術大会に放り込まれるお話です。
24hポイント 0pt
小説 53,805 位 / 53,805件 ファンタジー 17,655 位 / 17,655件