コユキに想いを乗せて

いつも彼女はそこにいた。
雪が降る日、彼女は、いつもそこにいた。
小さな窓辺から、雪を見ていた彼女。
僕は彼女に恋をした。
雪のように白く、花のように鮮やかな、淡い恋。
小さな窓辺から始まった恋。
この雪たちに想いをのせて 届けたい あなたへ。
24hポイント 0pt
小説 121,667 位 / 121,667件 恋愛 34,180 位 / 34,180件