ゼンタイフェチ女ですが受け入れてくれといいませんけど

 私はミチル。どこにでもいるような女の子だけど、家族に絶対言えない秘密があるの。ゼンタイフェチなのよ! 毎晩、家族が寝静まった後はゼンタイに着替えてお楽しみしているのフェチに目覚めたのよ。しかもフェチ友達がいっぱいいるのよ。変態? そんなことお構いなしよ! 今日も楽しんじゃうわ、ゼンタイでいろんなことを!

*いわゆるゼンタイ(全身タイツ)好きな主人公とその仲間との物語です。そのようなものが嗜好に合わない方は閲覧をお控えください。なお、特定のモデルはいない空想の物語ですので、どこかの誰かに似ていても気のせいです。
24hポイント 0pt
小説 96,654 位 / 96,654件 キャラ文芸 2,699 位 / 2,699件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

わたしにゼンタイなんて着せないでよ、もう変態!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:7pt お気に入り:18

ゼンタイが好きになっても良いですよね?

キャラ文芸 / 連載中 24h.ポイント:0pt お気に入り:2

ゼンタイシンドロームな人々!

キャラ文芸 / 連載中 24h.ポイント:42pt お気に入り:3

捨て子の幼女は闇の精霊王に愛でられる

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:1093pt お気に入り:2531