骨董屋の主人

 僕には人には見えないものが見えていた。
 だから人と距離を置いた。その他大勢と違うところが有ると、子どもは敏感でよくわかる。バレる前に、一緒に居ない様に心がけていた。
 それが今もまだ、続いている。
 毎週金曜日、決まった時間に決まった客の姿。
 いつからだろうか。彼がこの骨董屋に足を運ぶ様になったのは。

 気になるけど、なかなか会話が出来ない骨董屋主人と、主人が気になって何度も店に通ってしまう客。

 「心霊現象相談事務所」のキャラと被りが有ります。
 現代ファンタジー

 R18は保険です。

 ムーンライトノベルズ・エブリスタにも掲載
24hポイント 14pt
小説 13,856 位 / 58,605件 BL 2,091 位 / 5,012件