どうやら私は転生する前ヴァンパイアとの婚約を破棄したらしい。

由緒正しき我が家には、古くから代々受け継がれてきた鏡がある。
何十年も、何百年も時を経て現代まで受け継がれてきたその鏡。
だけど、それはただの鏡なんかじゃなかった。

「…ずっとお前を探してた」
「だ、誰っ!?」

満月を映したときにだけ眩いばかりの明かりを灯し、そこは異世界への扉と化す。
ーーーそう、ヴァンパイアの住む世界へと。

「まさか…前世で俺との婚約を破棄したことを覚えていないのか?」
「はい…?前世で婚約破棄って…」

ヴァンパイアと婚約破棄し転生したものの前世の記憶なんてまったくない私と、突如鏡から姿を現した私の前世の婚約者だと言い張るヴァンパイア。

「そうか、なら思い出すために俺の住む世界へ行くぞ」

二人の過去を思い出すため、私は異世界に召喚されたーーー…。

なぜ人間である私の婚約者はヴァンパイアだったのか。
なぜ彼は私を探すのか。
そして…

「俺のすべてを賭けてでもお前を守ると誓う」

なぜ彼はこんなにも甘いのか。
二人の過去が明かされたとき、すべての謎が解けていく。
数百年の時を経た、人間とヴァンパイアとの甘く切ない異世界ラブストーリー
24hポイント 7pt
小説 20,959 位 / 87,610件 恋愛 8,779 位 / 23,804件