扇屋小町の茶飯譚

とある町の扇屋の孫娘で看板娘、落美里 優菜(ほろけみさと ゆうな)。その美貌から扇屋小町と呼ばれている。
はとこで一つ年下のゆうと共に暮らすことになり、優菜の生活と心に様々な変化が訪れる。


「お姉ちゃん、私を一言で表してください!」
「甘ったるくて鬱陶しい」
「つまりやみつきになるハチミツの味ということですか……?」


ハートフルな?日常の?ガールズラブな?ストーリー

※百合描写が多分に含まれます。苦手な方はご注意ください。
24hポイント 0pt
小説 64,156 位 / 64,156件 恋愛 16,088 位 / 16,088件