悪役令嬢になった私は運命に抗う

階段から落ちた際に自身の書いていた小説の悪役令嬢に転生してしまったことに気付いた主人公ことオリヴィア・ローズマリー公爵令嬢(9歳)は自身の書いていた小説の中の主人公でるセリシア・アプリーレと彼女の将来の旦那であり現自身の婚約者であるアルバート・スウェールからの最終的な国外追放を回避するために運命に抗うつもりが何故か気付けばセリシアに恋に落ちるはずの登場人物達や普通人には見えないはずの妖精達に私が好かれている!?

どうしてこうなった私!!

というような内容にしていきたい。


▽指摘などがありましたらコメントの方へお願いします。

▽予告無しに文章の整理や修正が入ることがあります。
24hポイント 21pt
小説 22,849 位 / 144,012件 恋愛 10,294 位 / 44,951件