溺愛のカタチ

「ティエド、私たちの結婚の約束、なかったことにしてほしいの」
 イハナは、幼い時から慈しんでくれた婚約者に、別れを告げた。
「君がそれを望むなら、僕は応じよう」
 どこか安堵したような穏やかな顔をするティエドの心は、イハナにはわからない。
 ただ、彼が幸せになりますように、と心から祈っていた。


 ——これが溺愛だと、僕だけが知ればいい。
24hポイント 106pt
小説 9,358 位 / 144,012件 恋愛 4,449 位 / 44,950件