妹が私の婚約者も立場も欲しいらしいので、全てあげようと思います

ブレメンス王国で、聖女の役割を幼い頃から担ってきたソフィア=トリプレート公爵令嬢。
彼女はある日、舞踏会の最中で呼び出され、婚約者と実の妹に『要らない物』と宣言された。それだけじゃない。第二王子の婚約者という立場も、聖女の立場も彼女は寄越せと言うのだ。

しかし、ソフィアの心の中は傷つくでもなく、抵抗の一つも見せなかった。なにせ彼女の出会いはソフィアにとっては願ったり叶ったりだったのだ。
そして内心では喜び勇んで、生まれ育ったクソみたいな国――地獄を出て行くのだった。

******
・書き方の変更のため、再稿。3人称から1人称になっています。
24h.ポイント 13,931pt
16,728
小説 135 位 / 185,581件 恋愛 84 位 / 56,288件