ザ・ネクスト・シンギュラリティ ‐憎しみの果てに‐

アジア太平洋州局長の関根は、日韓の国民が共感し両政府が公認
出来る映画を製作せよと言う、国連のネクスト・シンギュラリティ
委員会の出した難題に挑む。
 二千六十八年現在、人類がAIの知能を抜き返すネクスト・シン
ギュラリティが実現していた。
 しかしこれには戦争や植民地政策を通じ、和解出来ていない国家
と国民からはその権利を剥奪すると言う決まりがあった。
 結局和解出来ない日韓両国だったが、憎しみの果ての酸鼻を分か
らせる事が委員会の真の目的で、実はドキュメンタリー映画にすべ
く密かに今迄の様子を撮影していた。
24hポイント 0pt
小説 101,981 位 / 101,981件 SF 3,016 位 / 3,016件