「ケツに刺さった傘が開いた人」の【ライト文芸】たる定義を満足していなかった物語

ツイッターに公開された「ケツに刺さった傘が開いた人」にインスピレーションを受け書いた小説です。

異端のキャラのひとり語りの方式の小説となっています。

「ケツに刺さった傘が開いた人」と言う異形のキャラが己の存在、その意味を語っていく物語です。




========================
カテゴリを「ライト文芸」としました。
「ケツに刺さった傘が開いた人」が文芸的な重さを持っていない点を鑑み妥当な判断であると私は思っています。

======================
【ライト文芸カテゴリチェック】

○物語の主題はしっかり書かれている
 →「ケツに刺さった傘が開いた人」異端性ゆえの実存の悩みと言う主題

○文体は比較的ライトで読みやすく
 →私は文章力だけは「ケチ」つけられことがない。仕事でも。可読性でも。

○「ライトノベル」や「キャラ文芸」ほどキャラクター性に特化しているわけではない
 →キャラの魅力に依存していない。「ケツに刺さった傘が開いた人」にキャラの魅力があるなら「キャラ文芸」にするしかない。

○登場人物の年齢や性別、舞台設定は自由で、文学性にもあまり捉われない
→「ケツに刺さった傘が開いた人」という登場人物に自由以外のなにがあるのか?
 文学性は読む者判断次第で創作者は制御不能。

○様々な読者を想定したエンターテインメント小説ジャンル
→それはポイントが証明することでしょう。

○例えば、学生時代の一幕を瑞々しい感性で切り取った青春小説、死や別れを題材にした感動小説、家族や友人をテーマにした物語、特定の職業やスポーツを描いた物語などがこれにあてはまります。
→「舞台設定が自由」であるならこれはあくまで「例示」であり絶対ではない。

さらに「異世界転生転移」「婚約破棄」など禁止されているWEB小説のテンプレも使用していません。

チェック完了!!
完全に「ライト文芸」であると理解できます。

しかしながら3/16に運営様からメールがあり、「エッセイ・ノンフィクション」へと強制カテゴリ変更となりました。
しかし、さすがにこの作品が「エッセイ・ノンフィクション」であるのは無理ではないかと思います。
架空の物語です。

現実に実在としての「ケツに刺さった傘が開いた人」は存在しません。
もしかして、私が日常的に「ケツに開いた傘を刺している」と誤解されたのかもしれません。
しかし、きっぱりと否定させていただきます。
刺してないです!!

ですので「現代文学」といたします。
よろしくお願いします。
24hポイント 28pt
小説 5,749 位 / 30,727件 現代文学 43 位 / 1,123件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

Sランクパーティから追放された俺、勇者の力に目覚めて最強になる。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:69125pt お気に入り:2715

桃太郎のエロ旅道中記

大衆娯楽 / 連載中 24h.ポイント:326pt お気に入り:13

僕の私の物語

ライト文芸 / 完結 24h.ポイント:14pt お気に入り:17

異世界転生騒動記

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:59948pt お気に入り:9654

能力チート無しで目指す、現代人的ダンジョン踏破 ~成長するのは斜め上~

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:56pt お気に入り:347

見捨てられ王女……兄の代わりに異国の地で花婿となる☆彡

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:120pt お気に入り:562