潜在戦争クライシス 〜妖刀の夢と水の王〜

その白い髪、赤い瞳の美しい男は獣。
よく喋り、浮かび、世話を焼いてくるぬいぐるみと共に、田舎の一本道をのんびりと歩いていた。
目的はあるものの、目的地は未だ定まらない。
そこへ一台の車が通りかかる。
出会いにより擡げたのは妖刀の凶刃か、人の狂気か。


※ポケットBLノベルクラブさんより加筆修正、改稿して移植したものです。ストーリー粗め。
あちらに掲載してあるものは、削除致しました。
※小説家になろう様にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 148,935 位 / 148,935件 BL 17,204 位 / 17,204件