どうやら断罪対象はわたくしのようです 〜わたくしを下級貴族と勘違いされているようですが、お覚悟はよろしくて?〜

「ヴァネッサ・ユータカリア! お前をこの学園から追放する! そして数々の罪を償うため、牢に入ってもらう!」

 わたくしが通うヒンスリー王国の王立学園の創立パーティにて、第一王子のオーマン様が高らかに宣言されました。

 ヴァネッサとは、どうやらわたくしのことのようです。

 なんということでしょう。

 このおバカな王子様はわたくしが誰なのかご存知ないのですね。
 せっかくなので何の証拠も確証もない彼のお話を聞いてみようと思います。


◇8000字程度の短編です
◇小説家になろうでも公開予定です
24h.ポイント 63pt
14
小説 12,087 位 / 183,860件 恋愛 5,519 位 / 55,986件