フードプリンター

ありとあらゆる品物が電子データを元にプリンターで出力される未来世界。料理も例外なくプリンターで作られるようになっていたため、一部の人(趣味で料理する人あるいは料理作家)以外は料理を作らなくなっていた。
そんな時代、食通の鶴岡 懐石は料理作家、朝霞 零の工房に呼ばれる。
その工房で、新しい料理専用プリンターの性能試験への協力を頼まれるのだが……
24hポイント 0pt
小説 50,762 位 / 50,762件 SF 1,727 位 / 1,727件