始まりも何も

生まれた時から運命なんて決まってた。
Ωに生まれたら金持ちのαに嫁ぐか、体を売って過ごすかのどちらかだ。
この世の中はそうなってしまってる。
だから、この男に告白された時断る理由なんてなかった。
きっと俺以外のΩが彼にはこれからたくさんできるだろうからその時にお金をいくらか貰ってここから去ればいい、俺は恵まれた………はずなんだけど。
24hポイント 14pt
小説 24,527 位 / 124,205件 BL 4,971 位 / 12,684件