殺し屋『死神』の不殺の物語

生前『死神』と恐れられた殺し屋は死に際ある声を耳にする。

──君は天国や地獄があると思うかい?僕はね生きる事こそが地獄であり罰だと思うんだ。

継ぎの瞬間、辺境のスラム街で目を覚ますと殺し屋は非力だった頃の少年の姿に戻っていた。

そこは魔法ありきの面白世界

殺し屋は『不殺の呪い』をかけられてしまう。

これは殺し屋『死神』による殺さずの物語である。




24hポイント 0pt
小説 74,470 位 / 74,470件 ファンタジー 21,780 位 / 21,780件