聖典の勇者 ~神殺しの聖書~

聖典とは、すべての理の基盤となった書物。

全ての創造がなされる前に全能神シュタルケの左手に添えられしそれは神の奇跡を記した理の書。

しかし全てを創造しすべてを消滅しうる聖典をめぐって神々が争いをはじめることとなる。
神々の戦いは聖典を持つシュタルケの奮闘により辛くも勝利し争った神々を地上へと追放した。

力を使い果たしたシュタルケは地上の女神マルスに聖典を与え、時が来た時自分と同じ力を持った人間に授けその者を導いてほしいと伝え消えていった。


永い年月が経ち、ついに愚かなる神が復活した。
神の力は強大で人間族は何度も窮地に追い込まれることになる。
しかしそんな時、世界を救うため聖典を持った救世主が現れることとなる。

その者は愚かなる神を聖典の力で封じ争いを収めたとされる。


そして永い永い平和が訪れた。人々は次第に神の恐ろしさを忘れていった。残ったのは聖典の力の伝承のみ。人は聖典の力を恐れ、かつては自らの種族を襲った神を崇めるようになった。

聖典という言葉は廃れ、神殺しの書と名前を変え語り継がれるようになる。そしてかつて世界を救った神殺しの力を持った救世主をこう伝承していくこととなる。

【禁忌の勇者】またの名を【神殺し】と。
24hポイント 0pt
小説 99,266 位 / 99,266件 ファンタジー 26,713 位 / 26,713件