私はもう、殿下の元へ戻る気はございません

 公爵令嬢メリッサはその日、人生最大の失恋をした。


 婚約者である第一王子から、

「婚約破棄をしてくれ」

 と、頼まれたのだ。


 彼女は殿下を愛していたが、彼はそうじゃなかった。

 常につきまとってくる彼女が、鬱陶しいらしかった。


「君とは正直、やっていける気がしない――すまないが、別れてくれ」


 殿下の隣にいたのは、麗しい令嬢。

 どうやら自分と別れて、彼女と生きていきたいらしい。


 メリッサはショックを受けた。

 もう、彼が自分を見てくれないのだと。

 自分を愛してくれることはもうないのだと、悟ってしまった。


 彼女は泣きじゃくり、熱を出した。

 3日3晩眠り続け、起きては泣く、起きては嘆きを繰り返し――。


 とうとう彼女は、あることを決意した。


 そうだ、旅に出ようと。


 もともと旅行や船が好きで、彼女の家が所有する船の船長や船員とも仲が良かった。

 その船長から、

「一緒に船に乗って、各国を回らないか?」

 という誘いを受けていたのだ。


 もちろん、自分には愛する婚約者がいる。

 そんな彼を放っておいて、自分の好きなことが出来るはずない。


 そう言って断ろうとしていた矢先に、あの失恋があった。


 ちょうど良い。

 失恋旅行だ。


 いろんな場所を回ることで、私の彼への気持ちが薄れるかも。


 そうして両親の反対を押し切り、船に乗って2年間旅に出かける。

 その間様々なことがあり、色んな刺激を受けていく中で、殿下に対する想いも下火になっていく。


 すっかり吹っ切れた彼女は、自分の国に戻る。

 学園に復学し、きちんと勉強しよう。

 人生をやり直そう。


 しかし、彼女のいなかったこの2年間で、国の情勢は大きく変わっていた。


 殿下と新たな婚約者は、既に破局していた。

 彼女の浮気が原因らしい。


 そんなこんなで、殿下は傷つき落ち込み――。


「やっぱり、こんな自分を愛してくれたメリッサだ」

 という考えに至ったらしい。


 この2年間で例の話は目まぐるしく変わり、人々の間では、

「旅をして次期王妃に必要な経験を積んでいた公爵令嬢メリッサが国に戻り、お互いに想い合っていた殿下と結婚する」

 というロマンチックなものとなっていた。


 しかし、完全に吹っ切れている彼女にとって、その話は想定外以外の何物でもなかった。


「急にそんなこと言われても……。私はもう、殿下の元へ戻る気はございませんし」
24hポイント 1,171pt
小説 1,277 位 / 144,155件 恋愛 618 位 / 45,053件