10
ファンタジー 連載中 長編 R15
「トーマ、すまない。勇者パーティには、君ははっきり言って要らないんだ」 と、勇者レオ一行にパーティ追放を命じられた前世の記憶持ちの、補助治癒魔法師のトーマは、行きつけの酒場で泥酔した挙句、魔王城に連れ去られてしまった。 だが、玉座に座る魔王は、思ってもみないことを言い出す。 「どうだ、トーマ。この魔王様と、手を組まないか?」 実はトーマは、世界でも数人しかいない、龍の使い手だった。それを見抜いた魔王は彼を引き入れ、勇者を倒すための準備を進める。 トーマは、魔王軍で成り上がりトップに上り詰め、魔王の妹たちにアタックされるようになる。 しかし一方、勇者レオ一行の歯車は、トーマを失って徐々に狂っていくのだった。
24hポイント 859pt
小説 1,274 位 / 51,051件 ファンタジー 407 位 / 16,711件
文字数 19,024 最終更新日 2019.04.21 登録日 2019.02.03
恋愛 連載中 短編 R15
「マーガレット!貴様と婚約破棄する!!」 と、各国の来賓の集うパーティで、婚約者のキーラン第2王子(通称、バカ王子)は、公爵令嬢マーガレットに一方的な婚約破棄を叩きつけた。 馬鹿は馬鹿でも一応王子、各国が対応をとるため、瞬時に動く中、マーガレットが一言。 「だからなんなのですか?キーラン王子」 マーガレットは公爵家の土地の管理で、寝る間も惜しんで仕事仕事。 「わたくし、馬鹿の相手をするほど暇じゃありませんの。忙しいので、婚約破棄なさるようなら、公爵家に連絡を後日、やって下さいまし。それでは失礼」 土地の経営で社畜脳の公爵令嬢は、今日も我が道をゆく!
24hポイント 1,334pt
小説 860 位 / 51,051件 恋愛 382 位 / 12,143件
文字数 18,885 最終更新日 2019.04.21 登録日 2019.02.04
恋愛 連載中 長編 R15
私、アイリーンには、今世までに、2つの異なる記憶がある。 1度目は、とある公爵家の令嬢だった。王太子の妃となり、そのまま王妃として、国のため、民のために尽力を尽くしてきたが、国王は愛妾に誑かされて、私と娘を国王暗殺未遂の嫌疑にかけ、罪人として処刑した。 2度目は、一般女性として産まれた。 前世の娘は、私の親友となり、前世の夫は、娘の兄だった。 娘はかつての父親を許したようだったが、私は許せなかった。 私は、己の全てを使って、この男を陥れ、復讐した。 復讐の全ての終わりを告げ、男に背を向けると、逆上した男は私の後頭部を鈍器で殴りつけた。 前前世、前世にハードな人生を送った私は、今世では人並みに幸せな人生を送るべく、努力するようになった。 だが、魂からの不幸体質からか、また、様々な事件に巻き込まれていくことになるのだった。
24hポイント 35pt
小説 9,692 位 / 51,051件 恋愛 3,269 位 / 12,143件
文字数 2,139 最終更新日 2019.04.03 登録日 2019.04.01
恋愛 連載中 長編 R15
レッドメイン王国の、公爵令嬢であるアイリス=ノースは、5歳の頃、自分が転生者であると知る。 前世は、世界で1番強いと言われる言語、大阪弁を話す少女だった。 大阪弁を愛しすぎるあまり、周囲から怖がられ、孤立してしまった彼女。 当然恋人なんて、出来る訳もなく、そのまま人生を終えてしまった。 そんな悲しい過去を持つアイリスは、この世界でも恐れられている大阪弁を封印し、恋人を作ろうと、画策するが、 愛しい大阪弁が、無意識のうちに口から滑りでたり、ついつっこんでしまったり、前途多難な日々を送るのであった。 *大阪弁を愛しているあまり、大阪弁に対するマイナスイメージがお嫌いな方は、この物語を読むのを御遠慮ください。
24hポイント 21pt
小説 12,144 位 / 51,051件 恋愛 3,878 位 / 12,143件
文字数 7,902 最終更新日 2019.03.26 登録日 2019.02.07
恋愛 連載中 長編 R15
辺境伯の令嬢、ジェーン=ダグラスは、幼い頃、あるパーティで出会った貴族の子息、トムと恋に落ちる。 彼の家は、ダグラス家とは政敵に位置していたが、両家の隆盛のため、ジェーンとトムは婚約することになった。 トムは王都に住み、ジェーンは領地に住んでいたので、なかなか会うことは難しかったが、2人専用の連絡用魔法貝で、楽しく会話していた。 だが、だんだんと、トムはジェーンに連絡しなくなり、最後には、 「他に、好きな人が出来た」 と言われ、ジェーンは腹いせに魔法貝を、川に投げ捨てた。 領地で自然と暮らし、失恋の傷も癒えたジェーンは、15歳になり、社交界デビューを果たす。 そのパーティで、ジェーンはトーマス王太子と初めて言葉を交わすのであった。 だが彼女は、彼が、あのトムである事に全く気づかなかった。 この話は、かつての婚約者と社交パーティで出会い、もう一度恋愛に発展させようというストーリーを打ち砕かれた王太子と、あの一件以来、誉め言葉に悪寒がするようになった令嬢との攻防戦である。
24hポイント 177pt
小説 4,109 位 / 51,051件 恋愛 1,487 位 / 12,143件
文字数 29,583 最終更新日 2019.03.19 登録日 2019.02.10
ヒキニート野郎の主人公、小野塚 浩二は、ある日親のつてで無理やり、大富豪の大道寺家の執事として、働かなければならなくなった。 浩二は、大道寺当主の一人娘、麗子のお守り役兼遊び相手として、麗子に使えることになったのだが、このご令嬢、このご時世で、とんでも無く馬鹿だった。 「ねえ、浩二。この猫、可愛いわねぇ」 「お嬢様、それは犬です」 今日も、浩二は、天然バカ娘に振り回される!!
24hポイント 85pt
小説 5,988 位 / 51,051件 ライト文芸 180 位 / 2,185件
文字数 3,261 最終更新日 2019.03.17 登録日 2019.02.13
俺、花咲 稔の通う学園は、勉強面ではピンからキリまで全て揃った学校だ。 その学校には、俺の幼馴染の女の子もいるのだが、その子は学園一の落ちこぼれという、とてつもなく駄目なレッテルを貼られている。 確かに、彼女は勉強も、運動も、何もかもできない。 だが、俺だけはしっている。 彼女は、「世界最強」なのだと。 それは、学園共々異世界転移をしてから、証明されるのだった。
24hポイント 56pt
小説 7,438 位 / 51,051件 ファンタジー 2,004 位 / 16,711件
文字数 3,853 最終更新日 2019.03.11 登録日 2019.02.13
SF 連載中 長編 R15
どこにでもいる普通の女子高生、スズナは、ある日突然、タイムスリップしてしまう。 未来で初めて会った、友人の彼氏によく似た男、カイに連れられて、タイムマシンのある場所、「教会」に行くのだが、そこにある女神像は、どう考えても、スズナにしか見えなかった……。 女神を捉え、人神として一生未来で生活させようという思惑をもつ「教会」から逃れ、スズナは無事、元の時代に戻ることが出来るのか!? *改定前:どうも私は女神らしい
24hポイント 0pt
小説 51,051 位 / 51,051件 SF 1,737 位 / 1,737件
文字数 21,252 最終更新日 2019.03.11 登録日 2019.01.29
前世の勇者の生まれ変わりであるカイトは、15歳の誕生日を迎え、自分が勇者であること、前世の勇者が太刀打ちできなかった邪神を倒すため、残りの3人の勇者とある場所で集まることを知る。 村を出て、落合場所に行くが、しばらく待っても誰もやってこなかった。 カイトは、現れない他の勇者を探し出すため、そして邪神を倒すために旅に出るが、その3人は、色々な事情を抱えていた。 自分たちの問題を解決し、4人の勇者達は、宿敵、邪神サタンを倒すことが出来るのか!?
24hポイント 0pt
小説 51,051 位 / 51,051件 ファンタジー 16,711 位 / 16,711件
文字数 14,009 最終更新日 2019.03.10 登録日 2019.02.01
恋愛 連載中 長編 R15
ロールウェン王国の第1王女、アリアは、お忍びの最中、知り合った青年、ビリーと恋に落ちる。 アリアは、飄々として自由人のビリーと、一緒になることを夢見ていたが、両親に反対され、婚約者のいる隣国、オーケルド王国に、無理やり留学させられる。 アリアはそこで、籠の中の鳥のような生活を送っていたが、ある日、ロールウェンに革命が起こり、両親が殺害されたことを知る。 途端、アリアは王族ではなくなり、オーケルドで冷遇されるようになった。 なんとか自国へ帰ったはいいものの、栄えて美しかったロールウェンは、じめじめした犯罪の宝庫となり、あちこちで叫び声や泣き声が聞こえてくる。 かつての自分の城には、ビリーが我が物顔で玉座に座り、隣には女がいた。 ビリーに冷たい仕打ちをされ、そこで、ビリーが男を金で雇い、アリアが帰る様子を尾行させ、城の秘密の通り道を調べさせたことを知った。 両親の死、愛するものからの裏切り、自分の至らなさで、国をめちゃくちゃにしてしまったことの後悔で、アリアは悶え苦しみ、仇への復讐を誓った。
24hポイント 7pt
小説 16,200 位 / 51,051件 恋愛 5,145 位 / 12,143件
文字数 17,539 最終更新日 2019.03.07 登録日 2019.02.01
10