Red Date Girl

「飛び込んだ世界は青く深く澄んで、どこまでも続くように思えた(本文より)」

お題になっていた一枚の写真から書いた小説です。
人ではないけど、人のように書きました。
踏み出す一歩はいつだってこわいけれど、生きるということは、前に進むことなんだと思います。
24hポイント 0pt
小説 41,092 位 / 41,092件 現代文学 1,379 位 / 1,379件