丑の刻の襲撃者 ~江戸城西の丸大手門、山形藩士乱心殺傷事件の記録~

 異国船が日本の近海に頻繁に現れはじめ幕府が打払令を出すなど、世の中が騒がしくなってきた文政年間。
 江戸城西の丸大手門を警備する御番所で一人の侍が乱心、同僚三人を殺害、他にも多数の者を傷つけた大事件が起こります。

 曲亭馬琴が編纂した天保三(1832)年刊の「兎園小説 拾遺」には、この事件の関係者から聴取した記録を含め事件の詳細な経緯が掲載されています。

 その「山形番士騒動聞書幷狂詩」を基に当時の状況を再現しました。
 一部推測に依った部分もありますが、ほぼ馬琴の残した記録に沿った「事実」です。

 二部構成で全四千字程度の短編です。
 なお、殺人事件の記録ですので一部生々しい描写もあります、閲覧の際にはご注意ください。
 また、尺や寸のセンチメートル換算は全て「約」ですのでご承知おきください。
24hポイント 0pt
小説 91,151 位 / 91,151件 歴史・時代 1,057 位 / 1,057件