【画像あり】江戸時代のUMA(未確認生物) ~雷獣の正体~

 雷と共に現れるという「雷獣」、その正体は様々な説があります。

 狼に近いものから完全に妖怪っぽいものまで、残っている図も様々ですが、今回は江戸時代の文献を3件ご紹介します。

 歌人で国学者である伴蒿蹊の随筆「閑田次筆」に短い説明と共に掲載されている雷獣の図。

 下級旗本から驚異の出世を遂げた名奉行、根岸鎮衛が30年余に渡って怪談、奇談、世間の噂話等を書き残した「耳嚢」の中の一節。

 「南総里見八犬伝」で有名な曲亭馬琴らが主宰した世の珍談・奇談を集める会「兎園会」で関思亮(海棠庵)が報告した事件。

 「耳嚢」と「兎園小説」には、寛政十一(1799)年に江戸市中で謎の獣が出たという同じ事件が記録されているのが面白いところです。

 雷獣の正体はハクビシン?・・・・本当にそうなんでしょうか。
24hポイント 35pt
小説 13,291 位 / 91,852件 エッセイ・ノンフィクション 210 位 / 3,264件