「真・大岡政談」 ~甲子夜話にみる真実の大岡越前守~

 名奉行として名高い「大岡越前守」(大岡 忠相 1677~1752)

 そのお裁きは「大岡政談」「大岡裁き」として有名で、落語や講談、テレビドラマ、吉川英治氏の小説なども有名ですが、実は実際に大岡忠相本人が関わったお裁きは殆ど無く、他の名奉行と呼ばれた人達のお裁きだったり、有名な「子争い」の逸話などは旧約聖書のソロモン王の裁きが原話だとか・・・。
 
 「名奉行」として多分に偶像化、理想化された存在の大岡越前守ですが、当然その実際の人物像も、庶民の気持ちをよく理解している大変聡明な人だったのでしょう。
 だからこそ庶民は、彼に正義を実現してくれる理想のキャラクターを求めたのだと思います。

 肥前国平戸藩の第九代藩主・松浦静山(1760~1841)が20年余に渡って書き記した随筆「甲子夜話」には、そんな大岡忠助の「真実」の人となりが分かる逸話が掲載されていますので、ご紹介したいと思います。

 非常に短い読み切りの三話構成となります。

24hポイント 42pt
小説 11,250 位 / 91,004件 歴史・時代 109 位 / 1,057件