赤い目は踊る

柏木狛彦はコミュ障で、ボッチの高校生。
だが、その裏では猟人を生業としていた。
赤目と呼ばれる異形の怪物を駆除する仕事だ。
ある日、若い女性が新人で入ってきた。
それは流れが大きく変わる始まりであった。
24hポイント 0pt
小説 64,260 位 / 64,260件 SF 2,117 位 / 2,117件