公爵令嬢の苦難

公然の場で王太子ジオルドに婚約破棄をされた公爵令嬢ロベリア。

「わたくしと婚約破棄をしたら、後ろ楯が無くなる事はご承知?わたくしに言うことがあるのではございませんこと?」
(王太子の座から下ろされちゃうから、私に言ってくれれば国王陛下に私から頼んだことにするわ。そうすれば、王太子のままでいられるかも…!)
「だから!お嬢様はちゃんと言わないと周りはわからないんですって!」

緊張すると悪役っぽくなってしまう令嬢と、その令嬢を叱る侍女のお話。

そして、国王である父から叱られる王子様のお話。
24hポイント 7pt
小説 18,935 位 / 85,135件 恋愛 8,081 位 / 22,713件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!