陰キャの僕が陽キャのキラキラ女子に告られた

The平凡高校生陰キャの僕はある日、クラスのムードメーカーの陽キャのキラキラ女子に告白されてしまった。
なにか企んでいるのか、それとも罰ゲームで告白させられたのか?
そうでなきゃ僕の人生に告白されるなんてイベントは発生しないはず。
彼女は本当に僕を好きで告白してきたのか?
陰キャの僕にはにわかに信じられない事態が巻き起こる、僕のスクールライフが始まる。
24hポイント 214pt
小説 6,572 位 / 120,296件 恋愛 2,855 位 / 35,313件