向日葵畑の君へ

俺、馬渕珱柳は幼い頃からバレーが好きだった。誰よりも速く誰よりも高く誰よりも強くネットの向こう側へスパイクが好き。敵のエースのこれでもかっていう渾身のスパイクの前に立ちはだかって思いっきり叩き潰すのも好き。コート内にいるプレイヤー全員を自分の思うがままに動かせて試合をつくるセッターがあげるトスも好き。
でも一番好きなのは、敵が思う最高の武器が放つ最強の攻撃を優しくあやすように包み込んでボールを救い上げる仕事…リベロが大好き。





『体格もパワーもセンスも頭脳も恵まれているお前がよりによってどうしてリベロなんだよ』





ある夏のセミがけたたましくうるさい日のこと、



大の親友に投げかけられたその言葉から俺のバレー人生は狂っていった。







文章の練習で思いつきで書き始めた内容です。
タイトルかわるかもしれないです!
24hポイント 0pt
小説 143,714 位 / 143,714件 BL 16,429 位 / 16,429件