白銀の英雄と落第魔導士(仮題)

 剣と魔法を極めた少年は、命をかけて魔王を討ち世界を救った。本当に守りたかった存在を失ったことを後悔し、守れなかった己を責めながら、少年は元居た世界での生涯を終える。

 少年の物語は終わらなかった。
 魔力を失い、愛しい妹に似た魔力と声に導かれて辿り着いたのは、少年の知る魔法が技術体系の一つとして確立された日本。
 彼を使い魔として召喚したのは、周囲から落ちこぼれの誹りを受け続ける少女。
 少女の苦難を知り、その優しき信念を知ったとき。少年は少女の剣になると決意する。

 「今は魔力を失ったこんな身でも、世界一つ救った英雄だ。そんな俺を使い魔にしたんだから、君にはこの世界で一番の魔導士になってもらう!」

 これは異世界で救世を為した英雄が、落ちこぼれ魔導士と高みを目指す学園魔導ファンタジー。

 小説家になろうでも投稿しております。感想やアドバイス、一言でもいただければ幸いです。
24hポイント 7pt
小説 19,626 位 / 74,440件 ファンタジー 4,509 位 / 21,776件