ぽんこつ陰陽師あやかし縁起 京都木屋町通りの神隠しと暗躍の鬼

「俺は、話を聞いてやることしかできない、へっぽこ陰陽師だ――。」『陰陽師』など物語の中の存在に過ぎない、現代日本。駒田成喜は、そんな陰陽師の家系に生まれながらも、ライターとして生活していた。そんなある日、取材旅行で訪れた京都で、巷を賑わせる連続行方不明事件に人外が関わっていることを知る。そして、成喜の唯一の使い魔である氷鬼や、偶然出会った地元の刑事にしてエリート陰陽師である鴨怜治と、事件解決に乗り出すのだが……
24hポイント 42pt
小説 17,374 位 / 148,546件 キャラ文芸 140 位 / 3,441件

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。