僕の嫁(仮)は魔物だった~どんでん返しの異世界生活~

スミス・バークレーは、古代遺跡を探索する冒険者だった。彼が目指した終着地、それは世界の始まりの場所と記述された遺跡、モノステーシスだった。

そして、彼はいま、モノステーシスの前に立っていた。見るからに人を寄せ付けない大きな壁、だが、その向こうには世界の始まりの謎を解く鍵が眠っている……スミスはそう考えた。

壁を開ける方法を考えていると、突如、壁の一つが崩れ始め、中から同い年くらいの少女が現れた。

「助けて!!!人間に追われているの!!!」

「僕も人間だけど?」

「あなたは私のことを助けてくれると信じている!!!そうだ、私の旦那さんになって!!!」

「ええええええっ?」

突如として見知らぬ少女から告白されたスミスは困惑した。すると、壁の中から武装した人間たちが数人やって来て……。

ファンタジーの要素と恋愛の要素を混ぜたいと思います。
24hポイント 0pt
小説 128,323 位 / 128,323件 恋愛 38,197 位 / 38,197件