死ぬ前にちょっと付き合ってよ ~中間女子高生の復讐~

高校生にはカーストが存在する。中間に位置する私、大野美紀はカースト最上位に位置する学園の御曹司、千代田守のパシリになって、金を儲けていた。その内容は、遺体処理係。千代田と付き合ったカースト最下位の女子生徒たちが自殺し、その遺体を焼却炉まで持っていき、灰になるのを見届ける……そんな感じだった。

そんな私もいつしか、千代田と付き合っているという噂が広まり、自殺という選択肢がちらついた。

「早く死んじゃいなさいよ。このクズ女が!」

周囲の女子生徒たちから囲まれても、千代田は助けを差しのべなかった。次は私の番だった。

このまま死んでいくのは面白くないから、今まで受けてきたイジメについて書き残そう……。
私は遺書を書いた。でも、私が死んだ後、一体誰が読んでくれるんだろう?そんなことを考えながら、最後の廊下を歩いているとき、ある男子生徒にばったり会った。彼の名前は大木隆司。学年一の秀才で、私と同じく孤独な人間だった……。



24hポイント 0pt
小説 124,820 位 / 124,820件 青春 4,846 位 / 4,846件