僕とメルと君の探し物屋

ぼくはヒロト。図書館で本を読んでいると、いつの間にか知らない町にいたんだ。

飼い猫のメルは人間の言葉をしゃべりだすし、知らないお兄さんたちに”アカリ”って呼ばれたり、”探し物屋”って呼ばれたり……。いったい、何が起きているんだ?

――《三代目探し物屋》に選ばれた少年が、本の中の世界で、住人たちの探し物を見つける物語――。

※個人サイト及び他サイトとの重複投稿です。
24hポイント 0pt
小説 39,412 位 / 39,412件 児童書・童話 766 位 / 766件