炎龍と月隠の女王 ~紅炎国成立秘録~

「どうか、覚えていて。貴方だけは、決して私を忘れないで」

遥か遠い昔、睹河原と呼ばれた大陸にて。
幾つもの小国に分かれて争うこの地を纏め、「紅炎国」として天下統一を成し得た者がいた。
かの者はその手段の苛烈さから、「鮮血の紅炎女王」と畏れられる。
冷淡に残酷に天下を得た女王。だが、そんな彼女の胸中にあったのは、切ないほどの願いただひとつだった。

これは睹河原の歴史に隠された、「少女としての女王」の夢と願いの物語。
24hポイント 7pt
小説 20,051 位 / 87,332件 恋愛 8,244 位 / 23,065件