嵯峨野逸海は筆を持つ

峰寺高校書道部は部員一名という廃部の危機にあった。たった一人の部員であり、部長でもある嵯峨野逸海は「これも時代の流れ」と受け入れ、部員獲得にいそしむことなく、今日も淡々と静寂と墨の匂いの中で筆を持つ。しかし、その静寂を破る人間が現れて……。
24hポイント 0pt
小説 41,138 位 / 41,138件 青春 2,315 位 / 2,315件