懐炉

病弱で寒さに弱い主人と、主人が懐炉代わりに温もりを求める従者との冬の朝のひとコマ。手放せない温もりが、確かにそこにあった。たとえいつか、失われるとしても。

※小説家になろう様でも投稿しております。
24hポイント 0pt
小説 40,966 位 / 40,966件 現代文学 1,388 位 / 1,388件