黄金色の獅子は愛しきオメガを離さない。 女神の恩恵無しに落とされた俺は、まさかの……だった件

女神によって、ファンタジーの世界に落とされたのだった、タヤこと、田山淳二。

タヤには女神の温情がなく、スチルもチートもなく、サポートをしてくれる可愛い女の子もいない。有るのは僅かばかりの金。

「これでどうやって生きていくんだよ!」

ギルド、食堂でのバイトで、彼なりに人と知り合い、平穏に暮らしていたのだが……

「体が変だ」ある日、自分の身に起きた事により、タヤの日常は変化していくのだった。



オメガバースに初めて挑戦しております。
ゆるく見てくださいませ。  
24hポイント 149pt
小説 8,627 位 / 140,779件 BL 1,683 位 / 15,928件