また明日、君の隣にいたかった(旧題:僕とエリナの、最後の半年間について)

僕は、自分の死ぬ日がいつなのかを知っている。
カウントダウンがついに一年を切った今年、ここに来て僕は、この上ない面倒ごとに巻き込まれてしまった。
クラスメイトのひとりである、稲川 衣梨奈(いなかわ えりな)という女のせいで。

2018.3.30/連載開始
2018.4.12/完結
(初出:2016.11~2016.12 別サイトにて)

***

2018.5.31
「第1回ライト文芸大賞」優秀賞を受賞しました。
ありがとうございます。
24hポイント 28pt
小説 10,249 位 / 58,800件 ライト文芸 240 位 / 2,388件

処理中です...