新生のアヴァターラ

ーー「タットワの技法」。
それは有名な「異世界に行く方法」であり、その儀式を興味本位で行ってしまった事が全ての始まりだった。
この世と異界の境界にて、大学生、雨宮海斗は異世界の管理者を名乗る少女エインから、「異世界への転移」を告げられる。

彼が第二の生を歩むのは、あらゆる神話が収束し、かつて神々が実在した世界。

右も左も分からず、戦闘能力皆無な彼に授けられたチート、それはその身を滅ぼす代わりに神すら屠るという"神器"だったーー
24hポイント 228pt
小説 3,455 位 / 65,886件 ファンタジー 902 位 / 20,309件