死神と過ごすクリスマス

都内で独り暮らしをする八田千歳は、ある日の休日、急に部屋で倒れ込んでしまう。
どうやら死んでしまったらしい千歳なのだが、何やら頭上で話し声が聞こえてきて———。


◆表紙画像は簡単表紙メーカー様で作成しています。
◆無断転写や内容の模倣はご遠慮ください。
◆文章をAI学習に使うことは絶対にしないでください。
24h.ポイント 28pt
0
小説 20,600 位 / 183,830件 ライト文芸 290 位 / 7,355件