野良犬剣士

天下泰平の徳川の治世、もはや無用の長物となった剣だけを頼みに世を渡らんと道場破りに明け暮れる浪人「武政国十郎」

道場破りに入った先で剣術指南役の家に生まれた俊英「雲井弦一郎」と出会い、二人は「兄弟」となった

正反対の武士二人が織りなす本格衆道時代小説 浪人×道場主の息子

※note、pixiv、fujossy、ノクターンノベルズにて重複投稿を行っております。noteよりリンクは辿れます

※後書きに用語等の注釈集を用意しております

※直接のサポートはnoteまたはBOOTHにてお願いいたします

【note】https://note.com/ahai_rainbow/n/na0ed227a3f63?magazine_key=mf4183aa0f8fb
24hポイント 7pt
小説 20,875 位 / 84,851件 BL 3,853 位 / 8,040件