泡沫の夢


薄暗い森の中。

ここにいるのは私だけ。呪われた、私一人。


そのはずだったのに。



「触れたら、消えてしまうような気がして」


「消えたくない、私は、まだ……っ」



貴方の手に触れたいのに。抱きしめたいのに。


人の温もりを知れば、私は消えてしまう。





「だったら一緒にいましょうよ、ずっと」

「それは、すごく……しあわせね」
24hポイント 0pt
小説 57,416 位 / 57,416件 恋愛 13,714 位 / 13,714件