トワイライト・シンドローム~もしも女子高生がシュレーディンガーと出会ったら

『シュレーディンガーの猫』とは、箱の中にある一定の条件で毒が発生する装置を設置し、その中に猫を閉じ込める。1時間で装置が作動するか、しない確率が同じ場合、箱を開けるまで、猫の生死は1対1の状態に保たれることになる。しかし、観察者が箱をあけた瞬間に、必ずどちらかの結果が得られる。
それは恋と同じじゃないでしょうかね。
数学が得意な女子高生、晶子は故にカズ子(数子)と呼ばれていた。彼女が夕暮れに撮影しようとした猫の写真になぜかそこにいるはずのない女子校生が映り込んでいた。その謎を解くために中学から同級の野球部のキャプテン田中に相談する。
二人はその現場に向かうが、そこで起きた不思議なこととは。
トワイライトが引き起こす、不思議な出来事、甘く切ない恋物語。
24hポイント 0pt
小説 66,010 位 / 66,010件 現代文学 2,897 位 / 2,897件