君の姿をまだ知らない

高校2年の夏、香川才はひょんなことから
寝ている夢で消された記憶を思い出す!
いつも引っかかっていた、
小学5年の夏休み終盤に、
バスに引かれそうになったところを
高校2年生の少女が身代わりとなり、犠牲になったことを、そして夢で現れた寿命交換屋と出会い、
事故の真相を知る
そして、同時にある契約を交わしてしまう
それは…当時、庇ってくれた少女を命を生き返えさせることを提示された条件、
寿命年齢を25歳なってしまうこと
少年はその契約を飲み残りわずかの人生を、
野球を通じて
どのように歩んで行くのか?
24hポイント 0pt
小説 65,814 位 / 65,814件 青春 3,104 位 / 3,104件