男を惑わせる女狐の娘ですが、母娘共々監禁される未来を回避して幸せを掴みます

美しい母と共に、住み込みの使用人として生活する、みや。

みやは最近、「母娘共々監禁される」夢をよく見ることに悩んでいた。

みやの母は、新華族で占術を得意とする家門の生まれで、みやの見る夢はこれから起こり得る未来である。

今まで悪い夢を見たときはそれらを変えてきたが、どうにも監禁される夢だけは消えてくれない。

焦るみやは、長年お世話になった町医者の「斑目家」から母娘で逃げようとするのだが――?



※全八話、完結済
24h.ポイント 134pt
1,054
小説 7,921 位 / 187,404件 恋愛 3,535 位 / 56,750件

あなたにおすすめの小説

こちらの異世界で頑張ります

kotaro
ファンタジー
原 雪は、初出勤で事故にあい死亡する。神様に第二の人生を授かり幼女の姿で 魔の森に降り立つ 其処で獣魔となるフェンリルと出合い後の保護者となる冒険者と出合う。 様々の事が起こり解決していく

私の婚約者を寝取った妹が「寝取られてどんな気持ち?」と煽ってきたので復讐しました。

ほったげな
恋愛
幼馴染の婚約者がいたが、妹に略奪されてしまった。しかし、妹は謝るどころか「寝取られてどんな気持ち?」と煽ってきて…!?

オレはスキル【殺虫スプレー】で虫系モンスターを相手に無双する

竹井ゴールド
ファンタジー
 スキル授与の日、【殺虫スプレー】という訳の分からないスキルを授与された貧乏男爵の令息アラン・ザクであるオレは前世の大園耕作の記憶を思い出す。  その後、「ウチは貧乏なんだ。有益なスキルでもない三男をウチに置いておく余裕はない。籍はこちらで抜いておく。今後は平民として生きるように」と口減らしの為に死んだ母親の実家の商家へと養子に出されるが、それは前世の記憶を得たオレからすれば渡りに船だった。  貧乏男爵家なんぞに未来はない。  この【殺虫スプレー】で、いや、あえてここはかっこよくファンタジー風に言い直そう。  【虫系モンスター専用即死近距離噴射ガス】と。  これを使って成り上がってやる。  そう心に決めてオレは母方の実家へと向かうフリをして貧乏男爵家から旅立ったのだった。

せっかくの婚約ですが、王太子様には想い人がいらっしゃるそうなので身を引きます。

木山楽斗
恋愛
侯爵家の令嬢であるリルティアは、王太子である第一王子と婚約をしていた。 しかしある時、彼がある令嬢と浮気している現場を目撃してしまった。 リルティアが第一王子を問い詰めると、彼は煮え切らない言葉を返してきた。 彼は浮気している令嬢を断ち切ることも、妾として割り切ることもできないというのだ。 それ所か第一王子は、リルティアに対して怒りを向けてきた。そんな彼にリルティアは、呆れることしかできなかった。 それからどうするべきか考えていたリルティアは、第二王子であるイルドラと顔を合わせることになった。 ひょんなことから悩みを見抜かれたリルティアは、彼に事情を話すことになる。すると新たな事実を知ることになったのである。 第一王子は、リルティアが知る令嬢以外とも関係を持っていたのだ。 彼はリルティアが思っていた以上に、浮気性な人間だったのである。 そんな第一王子のことを、リルティアは切り捨てることに決めた。彼との婚約を破棄して、あらたなる道を進むことを、彼女は選んだのである。

十二年付き合った彼氏を人気清純派アイドルに盗られて絶望してたら、幼馴染のポンコツ御曹司に溺愛されたので、奴らを見返してやりたいと思います

塔原 槇
BL
会社員、兎山俊太郎(とやま しゅんたろう)はある日、「やっぱり女の子が好きだわ」と言われ別れを切り出される。彼氏の売れないバンドマン、熊井雄介(くまい ゆうすけ)は人気上昇中の清純派アイドル、桃澤久留美(ももざわ くるみ)と付き合うのだと言う。ショックの中で俊太郎が出社すると、幼馴染の有栖川麗音(ありすがわ れおん)が中途採用で入社してきて……?

毒家族から逃亡、のち側妃

チャイムン
恋愛
四歳下の妹ばかり可愛がる両親に「あなたにかけるお金はないから働きなさい」 十二歳で告げられたベルナデットは、自立と家族からの脱却を夢見る。 まずは王立学院に奨学生として入学して、文官を目指す。 夢は自分で叶えなきゃ。 ところが妹への縁談話がきっかけで、バシュロ第一王子が動き出す。

ポメラニアンになった僕は初めて愛を知る【完結】

君影 ルナ
BL
動物大好き包容力カンスト攻め × 愛を知らない薄幸系ポメ受け が、お互いに癒され幸せになっていくほのぼのストーリー ──────── ※物語の構成上、受けの過去が苦しいものになっております。 ※この話をざっくり言うなら、攻めによる受けよしよし話。 ※攻めは親バカ炸裂するレベルで動物(後の受け)好き。 ※受けは「癒しとは何だ?」と首を傾げるレベルで愛や幸せに疎い。

【完結】醜い豚公爵様と結婚することになりましたが愛してくれるので幸せです

なか
恋愛
自分の事だけが大好きで 極度のナルシストの婚約者のレオナード様に告げた 「婚約破棄してください」と その結果お父様には伯爵家を勘当され 更には他貴族達にも私のあらぬ噂をレオナード様に広めまれた だけど、唯一 私に手を差し伸べてくれたのは 醜い豚公爵と陰で馬鹿にされていたウィリアム様だけだ 彼の元へと嫁ぐ事になり馬鹿にされたが みんなは知らないだけ 彼の魅力にね